スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニガウリ(ゴーヤ)の水耕栽培開始

我が家では毎年植えているニガウリです。
ニガウリは病気に強く、害虫もいない手間のかからない作物です。1m四方ぐらいの空間スペースがあれば、食べ飽きるぐらい収穫できますよ。空間があれば初心者にお勧めします。

こんなに早く入手できるとは…
しかも蔓が出ています。
早くも支柱を準備しなければなりません。

更に1株買うつもりがポットに2株入っていたのでラッキーなのか、アンラッキーなのか…(^◇^;)
ご存じの通りニガウリは孫蔓から雌花を良く出すので2回摘心をするのですが、そうすると脇芽もねずみ算式に網目のように増えるため、放っておけば1株で2×2m以上広がります。それが2株と考えると・・・恐ろしいことです。

この分だと来月には収穫が始まるかも…

<point>
栽培しやすいニガウリですが、良く雄花ばかり咲いてちっとも実がつかない。といったことを良く聞きます。
この栽培ポイントは摘心と受粉だけです。
ニガウリは孫蔓に良く実をつけます。
従って摘心せずにおくと親蔓→小蔓→孫蔓と移行するのにやたらと時間がかかる上栄養が分散するので実ができにくくなります。

そこである程度脇芽3~5本位親蔓が伸びたら頭を切り取ります。そうすると今度は小蔓が一斉に生えてきます。
これも同じようにカットしてやると孫蔓が一斉にドンドン伸びてきます。放っておくと3~4m以上伸びますのでスペースに併せてカットしてやると良いでしょう。

それとニガウリは虫による受粉が期待できないベランダ菜園では、受粉作業が必要です。

その場合雄花と雌花が咲くのを待って、毛筆などで雄花の花粉をつついて雌花に受精させます。

雌花・雄花の見分け方は花の根元の茎に明らかに太い部分があります。それがゴーヤになる部分です。それと花の中心が緑色をしていて出っ張っています。

花の中心が濃い黄色で凹んでおり、花の下の茎に太い部分がないものは雄花です。

もちろん蝶や、蜂など虫がたくさん飛んでくるような状況でしたら放って置いても大丈夫ですよ。

ニガウリは普通緑色の時に食べますが、熟成してオレンジ色になっても食べられます。
特に種は熟すと真っ赤になって見た目は「大丈夫か?」と思いますが、食べるととても甘くて美味しいですよ。
ナチュラルチーズの専門店【オーダーチーズ・ドットコム】

スポンサーサイト

comment

こんにちは~♪
こりどらさん、野菜たくさん作ってらっしゃるから、収穫できたら八百屋さんみたいですね~っ
それまでのお手入れなども大変なこともあるのでしょうけど、収穫できる楽しみもきっと大きいですよね!!
にがうり、大きいお庭があるお宅で栽培しているのを見たことあるんですが、工夫次第ではベランダでも可能なんですね~
わたしはまだまだ真似できませんが、こちらにお邪魔して成長を楽しませてくださいね☆”
ぽちぽちぽちっ!!!

初めまして
こんばんわ!
全て水耕栽培でやっているのですね。
ブルーべりーにちょっと興味があります。
私も家でブルーベリーを鉢で9鉢育てています。普通にですけどまたお邪魔させてもらいます。

瓜系の成長力は脅威ですよね^^;我が家も毎年夏には キュウリが毎日食べても とても消費しきれないほどぶら下がりますwwでも野菜って自分で作ると美味しく感じますよねえ。僕の父も「となりのトトロ」に出てくる おばあちゃんの 夏野菜に憧れて 家庭菜園やってます^^

今晩w
いつもありがとうございます。
しかし、こりどらさんの記事書くの大変でしょう。
知識も経験もいるし、
実際に栽培されてるから、手入れの時間もいるし。
ご苦労されてるんですね。応援PO&TI

ゆかり 様
自分で育てた野菜を食べてしまうと、もう「はまり道」まっしぐらです。(^O^)
ゆかりさんももう入り口に立っていますね~^^

べりーべりー様
お越しいただきありがとうございます。栽培当初は土栽培だったんですが、扱いやすさで水耕栽培に切り替えました。ブルーベリーの水耕栽培は今回初めてなので私自身も興味津々です。今後ともよろしくお願いします。

えせ侍様
お越しいただきありがとうございます。おっしゃるように収穫した野菜のうまさを一度味わうとやみつきになりますね。^^

DVDな奴等様
一見大変そうに見えますでしょ~(^O^)。虫さえいなければ手間はほとんどかからないんですよ。そう虫さえいなければ…それでも1日の作業時間を平均すると30分位です。今は虫がいないので5分もかかりません。ポイントさえ気をつければ意外なほど楽なんです。
Secret

最近の記事

栽培日記 野菜別

月別アーカイブ

プロフィール

こりどら

Author:こりどら
自宅マンションのベランダで水耕栽培による野菜の栽培をしています。

RSSフィード

ブログ内検索

ご来場者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。