スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栽培方法その2 標準型

我が家ではこの方法が最も多く使われています。
長期栽培も実物も問題なく栽培可能。
養液が多量に入れられるので水管理が楽。(但し実物はこれでも足りないときもあります。)


準備するものは
1.プランターまたは発泡スチロールの箱
2.上に乗せる穴を開けた板
3.スポンジ
4.液肥

以上です。

1.のプランターは65cmのタイプが安くて扱いやすいです。
また発泡スチロールはスーパーに行くと、ただで幾らでも 貰えますので経済的。
これにアルミホイルを覆い遮光しておきます。
プランターは水抜き穴をふさいでください。
大抵底板に水抜き穴をふさぐ栓が大抵ついていますので、水漏れしないようしっかりとふさいでください。

2.の板は発泡スチロールでも木の板でもかまいません。
但し実物などを栽培する場合は5kg程度の重さに耐えられるようなものにしておいた方が良いです。
これに直径4cm~6cmの穴を開けま。
葉物や大きくならないものだと5~6個
トマトなどの実物の場合は2個位が適当です。(写真は実物用)これもアルミホイルで遮光します。(写真は裏です。)

それと水を補給するための穴を板の貼り合わせて作っておくと後が楽です。

1.のプランターの上に2.の板をのせて風に飛ばされないようテープなどでしっかりととめてください。

3.スポンジは穴の大きさに併せて下を穴ぴったりに上はやや大きく円錐状に切っておきます。
そして苗から育てる場合は半分位縦に切れ込みを入れておきます。
種jからの場合はスポンジ上部に5mm程の深さで十字に切れ込みを入れておきます。

スポンジだけですと実物などは支えきれませんので棒などを差し込んで補強するなり、穴開いたプラ鉢等を利用すると尚ベターです。
私の場合は富貴蘭用のプラ鉢を利用しています。


次に苗からの場合
1.予め苗を作っておきます。(写真は小松菜です。)

2.苗の土を取り除きます。
水を張った容器を準備して、そこに苗を土のまま入れます。
軽くフリフリすると土が落ちます。このときパームピートで育てておくと簡単に落ちます。土は完全に取れなくてもかまいませんよ。それから苗が絡んでいるようなら根が傷つかないように分けます。

分離できたらスポンジに挟みます。挟む位置は根と茎の境目のやや茎よりの部分。このとき双葉を挟み込んだり、折らないよう注意してください。


はさみ終えたらスポンジの下から根が出ているか確認をして、出ていなかったらもう一度挟み直してください。

ここまでできたら後は簡単です。
これを栽培容器にセットして根が浸る程度に養液を満たしていきます。
このときスポンジまで養液が来ないようにしてください。

スポンジに養液がついてしまうと病気になりやすいですので注意してください。また苔が生えたりして見た目が悪くなります。

植物は地上部では二酸化炭素が必要ですが、地下部分では逆に酸素を必要とします。
ですのでエアーポンプを使わないこの方法では根の部分に空間を空けることで空気に根を触れさせて呼吸させる目的もあります。

これでできあがり。
後は養液が根に届いているかをたまに気をつけていればOKです。その内プランター中根が張ってきます。

写真は枝豆です。

スポンサーサイト

comment

こんにちは^^
まささんのブログからお邪魔しました!
アスパラをプランターで栽培したかったので、目から鱗です。
勉強させていただきま~す^^
応援ぽち

samii 様
こんばんは!お越しいただきありがとうございます。ご参考になれば幸いです。ぜひお気軽にお越しください。(^o^)
PS、もしかすると二重投稿になっているかもしれません。その場合はご容赦ください。

ありがとうございました^^

 こんばんは^^御礼が遅くなりました。快く私のブログに登場していただいてありがとうございました^^ ↑の方法も良さそうですね もう足の踏み場がなくなって<汗>
ちょっと高低差を作ろうと考えてます ★

まさ様
おはようございます。いえいえこちらこそリンクしていただき感激しています。足の踏み場・・・私も近づいていますね(^◇^;)

No title

はじめまして。水耕栽培の調べもの中にたどりつきました。特に設備のくだりは興味深く拝見させていただきました。早速参考にさせていただきたく思います。最後に1つおうかがいしたいのですが、管理人さんはエアーポンプをお使いでしょうか? 屋外では電源の確保が難しい環境なので、もしポンプ不要でも可能なら大助かりなのです。

豆腐エンジン 様

こんにちは!
少しでもお役に立てられたら幸いです^^
さて早速ながらエアーポンプですが、原則として使いません。
使うときは株が弱っているときですね。

その代わり根の半分~1/3位が空気に触れるように液肥を調整しています。

ご参考までに…それではこれからも遊びに来て下さい。今後ともよろしくお願いします。

No title

ありがとうございました。

富貴ランの鉢?

はじめまして!
わかりやすくて、感謝です。
それに鉢が富貴ランの?これいいですね。

これから秋撒きのものにかかりますが、やってみたいです。

葉っぱ さん

>わかりやすくて、感謝です。

そういっていただけると嬉しいです^^

是非試してみて下さいd(^-^)ネ!
Secret

最近の記事

栽培日記 野菜別

月別アーカイブ

プロフィール

こりどら

Author:こりどら
自宅マンションのベランダで水耕栽培による野菜の栽培をしています。

RSSフィード

ブログ内検索

ご来場者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。