スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの脇芽

今日は3日ぶりによい天気です。やはり晴れてると元気が出てきますね。

さてトマトから脇芽が出てきました。
写真の各枝の根元と茎の間からちょこんと出ていますね。


これもやがては枝となって花を咲かせ実をつけるのですが、あまり脇芽が多いと実を一杯つけてしまい、栄養が分散してしまうので結果的に実が小さくなってしまうことから、特にプランター土耕などの場合は全ての脇芽を摘み取ります。これを「芽欠き」といいます。

ところがトマト類はこの芽からまた新たな株ができるんです。
方法は芽欠きした芽を土に指しておくだけ(^O^)
私の場合は養液に浸しておくと、最初の1~2日はぐったりしているものの、3~4日程度で根が生えてきて10日ほどで株になります。
あまり小さいとやりにくいのでもう少し大きくなって蕾がつく前あたりで芽欠きを行いたいと思います。

但し水耕栽培は土耕と違い養分の吸収性は抜群なので、3本立てにして収量アップを図ります。

スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事

栽培日記 野菜別

月別アーカイブ

プロフィール

こりどら

Author:こりどら
自宅マンションのベランダで水耕栽培による野菜の栽培をしています。

RSSフィード

ブログ内検索

ご来場者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。