スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュウリ収穫できました(^o^)



待望のキュウリが収穫できました。
中々立派ではないでしょうか ^^

早速今日収獲したものと併せて氷水に入れて冷やしてあります。



おおー!カラフルですね(^o^)
臭いや味はお届けできないので目で美味しさを味わってください。
私はお昼に頂きます。。。^^
スポンサーサイト

トマト定植




定植した脇芽トマトです。
ちなみに下の写真の赤い実は脇芽からのではありません^^

多分黒トマトと、イエローミニトマトだと思うのですが、どれも似ているのでよく分かりません(^◇^;)
名札でも貼っておけば良かったですね。
まあできてからのお楽しみということで・・・

リベンジキュウリの実



ここ数日自然災害が発生し各地で被害が出ているますが、皆さんのところは大丈夫でしょうか?
一刻も早い復旧を願ってやみません。

さて遂にキュウリが2ヶ月ぶりに収穫できそうです。
今回は悩まされたうどんこ病もなく元気いっぱい!豊作の予感。。。
こういうときに限って保険を2株かけていたので計3株が育っていて今後が心配です(^◇^;)

夏にキュウリ丸かじりは定番ですからね^^
塩をちょっとつけてカリッと囓ってから冷たいビールをキューッと飲むのが堪えられません。
あるいはオイキムチを作っても良いですよね^^

ゴーヤが駄目になった分キュウリにはがんばってもらいましょう。

ゴーヤ☆に・・・(T.T)



悲しい出来事が起こってしまいました。
ゴ-ヤが収穫直前で☆になったのです。
何故こんなことになってしまったかというと、休みの間にイエロートマト&黒トマトを撤去している最中に誤ってゴーヤの茎を折ってしまったんです。
急いで折れたところを戻して様子を見ましたが、写真のような状態に…



実も順調に育っていただけに悔やまれる結果となってしまいました。
4年の栽培で初めてゴーヤが食べられなくなりました(T.T)

ミニトマトの撤去は無事完了して、大玉の桃太郎が空間が空いたので伸び伸びしているようです^^
桃太郎には良かったでしょうね。



いよいよ明日には脇芽苗の定植をします。
1ヶ月後にはまた楽しめるかも・・・

エンツァイとニラ



エンツァイが順調に育っています。
そろそろ株元3cmを残して収獲しようと思っています。
エンツァイを最初食べたのは台湾の屋台街でした。
1ヶ月程滞在しているときに、ほとんど毎日お粥と一緒に豚の角煮とこのエンツァイを食べてましたね。
ニンニクと一緒に油で炒めるのが大好きで、今では我が家の夏の定番となっています。



さて写真は種を蒔いたニラです。まだまだ細身ながら少しずつ大きくなって健在です。

逆に苗から育てている方は何故か段々と細くなっています。
原因は今のところ不明です。合わなかったのかも知れませんね。
まあいずれにせよ来年のお楽しみにしておきましょう。

バジル&サンチュ栽培開始




発芽してポッドで育てていたバジルとサンチュを塩ビパイプに移植しました。
そして塩ビパイプで育てていたトマトの脇芽をプランターに定植しました。

バジルは3~4本を1セットとしてサンチュは1本1セットで各4セット移植してあります。
根が液面ぎりぎりなので水切れに注意しながらしばらくは育てることになりそうです。

千両ナス収穫間近



長ナスに続き千両ナスも収穫が始まりそうです。
写真のナスも来週には収獲でしょう。
ナスは毎年アブラムシにやられていて夏を超えたことがないので、ほとんどお目にかかっていない今年こそはと期待しています。

<今日の収獲>


未だに勢いの衰えないトマト達です。イエローは親株自体は葉が全て枯れているのに、未だ収獲できています。
黒も数は少ないですが、収獲できていますね。
とはいえ次世代が育ってきているので、近々入れ替える予定です。

大玉の桃太郎はまだ勢力を拡大中ですので、これからも実を着けていくことでしょう。

それにしても最近の天気の影響で水管理が大変です。
ベランダには70Lのタンクを設置してあって、そこから各プランターにホースで与えるのですが、その70Lが2日で無くなります(T.T)

去年までは20Lのポリタンクを使っていたので連日風呂場とベランダを2往復していましたので、それに比べるとまだマシなんですが・・・

今日も晴天なので覚悟しておきましょう(^o^)

リベンジキュウリに雌花



リベンジキュウリが順調に生長しています。
既に高さは2mを超えています。
但し今まで雄花ばかり咲いて一向に実を着けませんでした。

それが今頃になってやっと雌花を着けました^^
後は実が大きくなってくれるのを祈るばかりです。

脇芽トマトは6本ほど育てていますが、半分位が残りそうです。



こちらは調子がよい方の脇芽トマトの苗。



こちらはあまり調子が良くありません。
茎が細いですし、葉の先端が枯れています。

まあ全てが育てば置き場所に困ることになるので、半分で良しですね(^◇^;)

採れたてトマトでピザ(^o^)



休んでいるときに作りました。
生地を作って、その上に自家製ミニトマトイエローとレジナ、それとピーマンをトッピング。
チーズたっぷりのせてオーブンで焼きました。
味の方はトマトの酸味とチーズのコクが溶け合って絶品でしたよ(^o^)

・・・と、記事を書いている内にまた食べたくなりました。
作り置きしている生地があるのでランチに食べることにします。

菜園の方はトマトの脇芽の発育があまり芳しくありません。
直射日光が当たるので塩ビ管の養液の温度が熱すぎるのかも知れませんね。
室内に置いてい熱帯魚が最近の暑さによる水温上昇で何匹も☆になっていますから・・・(T.T)
室内はクーラーで凌げるとしても、ベランダでは方法がありません。
せいぜいアルミでも被せようかななどと思案しています。

暑いですね~ゴーヤと近況

3日ほどお休みを頂きまして、いろいろ貯まっていたものを無事解消することができました。
この間ほとんどベランダに出ていなかったので、今朝は収獲がてらぶらぶらと見回りました。
そこで遂に発見したのです。



逆光なのでシルエットになっていますが(^◇^;)、ゴーヤです。
2本がいつの間にか大きくなっています。
???受粉作業していないのに???おそらく虫が来てくれたんでしょうね(^o^)

というわけで労せずしてゴーヤ成功です。

後は収獲のタイミングを間違えなければp(^^)q 

さて今日は収獲の方にも話題があるんです。



この写真上やや左のトマトは我が菜園としては最大サイズのトマトです。
店で売られているトマトがその右ぐらいの大きさですので2個分ありますね。
重さ270gありました。

イエローと黒トマト、イタリアンがあと1回収獲して終了となります。
桃太郎とレジナはまだまだがんばっています。



これは4種類のトマト以外に栽培していた「レジナ」という品種です。
観賞用トマトなんですが味も悪くなく、一気に実を着けるので楽しいんです。
50個ほど実が着いています。

梅雨が開けてジメジメ間は少なくなったものの、日差しは強烈ですので体調にはくれぐれも気をつけてサマーシーズンを楽しみましょう^^

更新お休みのお知らせ

ごめんなさいm(__)m
いきなりではありますが、超多忙につき火曜日までブログをお休みします。
コメント返しも火曜日以降にさせていただきますのでなにとぞご了承下さい。

取り急ぎご連絡まで…こりどら

トマト脇芽部隊と今年一番大玉トマト

一週間前辺りから3種類のトマトの脇芽をとって根を出させていました。
今や出番を待っている状態の脇芽部隊です。





イエローミニトマトの収穫も終盤に来ていますので、今月中に入れ替える予定でいます。

イタリアントマト、黒トマトも終わりそうですね。
黒トマトは一時持ち直したんですが、ここへ来てぐったりしてきました。
脇芽は何とか根付いたのでバックアップの体制はできました。

イタリアントマトは桃太郎の支柱があまりの重さに耐えかねて崩れた影響で茎が途中からぽっきり折れたのが致命傷となり、現在の実を取った段階で終了します(T.T)

考えてみれば常時30個以上の実を着けているんですから、細い支柱では持ちこたえられませんよね(^◇^;)
来年はもっと太い支柱にします。

さて今日の収獲です。
毎日これですので生は飽きそうです(^◇^;)

トマトは今年一番の大きさが収穫できました。500mlペットボトルを比較で置きましたがいかがでしょうか?
長ナスはペットボトルと同じぐらい長いです。





まだまだたくさんなっているので、最期はサルサソースでも作ろうかと画策してます。

キュウリの猛追



遅まきながら再挑戦のキュウリが猛追しています。
今日は計ってみたところ1mを超えました。
今年あれだけ猛威をふるったうどんこ病も発生していません。



しかも2~3個花も咲いています(但し雄花ですが)。
この分ですと今月中に収獲できるかも。

やっと夏野菜がそろい踏みできそうです。

またもやトマトネタ

最近はトマトの独断場です(^◇^;)
今日はイタリアントマトが収穫を迎えました^^



一見唐辛子にも見えなくはないですが、れっきとしたトマトです。
これで我が菜園にある4種類全てのトマトが収穫できました。



写真にはイタリアントマトは入っていませんが、今日の収獲です。
毎日こんな感じで収獲できています。

ここ数日の蒸し暑さは異常ですね。
くれぐれもお体を大事にして、梅雨明けのカラッとした夏を迎えましょう(^o^)

トウモロコシができてきたかも・・・


どうやらトウモロコシができているみたいです。
今朝支柱代わりに吊している紐の確認をしていたら葉に包まれた見覚えのある形が…



後は日光の照射量が十分かどうかですね。
量は期待してないので1株1本で良いんですが・・・(^◇^;)
あまり高くなるとキュウリが日陰になるのでまずいんです。

さて今日も収獲がありました。



トマトがかなり収穫できていますので何に使おうか悩みますね。
ピーマンも4個取れたので今日はピザでもしましょうか(^O^)

生き残ったイエローミニトマト

度重なるトマトネタになっています(^◇^;)
今回はイエローミニトマト…そうあの親株が☆になりそうな、というか実が黄色くなるのを待っているだけの既に☆になっている株からスピンアウトした脇芽達の現状のご報告です。

その中でもピンチになるかなり前に塩ビパイプに突っ込んでいた方が写真のようになっています。



一時期はこちらもやばかったのですが、何とか持ち直し、正に「親(株)はなくとも子(株)は育つ」ということわざ通りの展開に・・・^^;

もう1方の最近摘んだ脇芽も順調に根が出てきていますので、すぐ巻き返せることでしょう。


キュウリ今度は順調です^^

春早くから栽培を開始したのに相次ぎうどんこ病に襲われ、新しくリベンジ中のキュウリですが、どうやら今回は無事に育ちそうです。



遅れを取り戻すかのようにどんどん大きくなっています。
まだ花は咲きませんが、期待大ですね^^

それと今日珍客が来ました。
4年前にベランダ菜園を始めてから初めてのお客様です。



なんと蜘蛛がやってきたんです。
ナスの葉に網を張って取りあえずは定住してくれそう(^o^)
でも今年は害虫が少ないのに…何で?

まあこれでボディーガードを雇ったようなものなので安心して怠けられますね((゜o゜)ヾ(--;オイオイ...)

食べてみました黒トマト(^o^)



今朝こんな感じに一房黒くなっていたので我慢できずに収獲しました^^
ついでに大玉トマトやナスなども収獲~♪
夏野菜が少しずつですが充実してきました。





ここで既に我慢できずにパクリ!
さてお味の方は「甘~~~い!」普通のトマトに砂糖をかけた位甘いです。
これはもうフルーツですね^^
つい調子に乗って記念撮影せずに2個食べてました。



で少なくなった黒トマトと今日収獲した他の野菜とで記念撮影。
撮影しながら来年は黒トマトの株を増やそうと固く決心したのでした(^o^)

ピーマン豊作と発芽苗

天気が良くない日が続いてますね。
天気が悪いと養液の減りは少ないので肉体的には楽なんですが、生長には影響があるので早く晴れてもらいたいです。



そんな中ピーマンが順調に実を着けています。
この株はかなり優秀ですね10個ほど着けていていずれも大きく育っています。
今日は青椒牛肉絲でもしようかな(^o^)

さて先日発芽したサンチュ(写真左)とバジル(写真右)ですが、双葉を思いっきり広げて順調に育っています。



今年は梅雨に入ったときにアブラムシが来ただけで後はハモグリが時々顔を見せるぐらいなもので何とものどかな菜園になっています。
そんなアブラムシも今ではスッカリ姿を消していて天変地異でもあるのではと少々不安な位です。..(^◇^;)


お待たせ!黒トマトとミニトマト再生

やっと一番遅れていた黒トマトが色づいてきました。

ここまでの過程は通常のトマトと一緒なのであまり出番の少ない状態でしたが、いよいよ主役に躍り出ました。
それでは早速写真をご覧ください ^^



確かに普通のトマトに比べて黒いですね。。。美味いのか?と少々不安になったりして…(´・ω・`)
この黒トマトあのイエローミニトマトと一緒のプランターで栽培していましたので一時危なかったのですが、今はスッカリ持ち直し青々と葉を茂らせています。

さてもう一方のイエロートマトですが、こちらはもうあきらめです・・・(T.T)
上の写真で枯れている蔓が見えますが、それが現在のミニトマトの姿です。
どんどん葉が枯れてしまって、今成っている実を収穫したら撤去します。

で今期はミニトマトは終・・・と言いたいところですが、私もスッカリ忘れていました。
なにを・・・そうです脇芽があるんですね(^o^)
3日前に何とかまだ元気そうな2本の脇芽を摘んで培養していました。

3日経ち元気に育っているので1ヶ月後位には再び実を着けることでしょう。



しかしということは病気ではなかったと言うことですね。
やはり環境の激変に耐えられなかったのでしょう。
何はともあれほっと一息です。

ナス間もなく収獲


ナスが大分大きくなってきました。
写真ではわかりにくいですが3本成っています。
品種は長ナスなので名前の通り細長い形をしています。
株そのものはまだ大して大きくありませんので、負担をかけすぎないよう早めに摘果して、株の成長を促すことにします。

このほかに2本ナスは育てていますが、そちらはまだ花が咲き始めたところなのでこれからですね^^
今は日光を遮る邪魔なものがないので、どんどん大きくなることでしょう。

発芽確認とミニトマトの現状

去年はディズニーシーに行ったので、今年はランドの方に行ってみようと昨日一昨日と2日間ディズニーランド~外房へ遊びに行ってきました。
ランドの方は5年以上ぶりになります。
昼頃から最期のスターライトファンタジー(=でしたっけ?)まで満喫して、翌日は外房まで足を伸ばし1日中釣りをして帰りました。
暑くて死にそうでしたが良いリフレッシュになりました。

さて今朝ベランダに出て確認してみると先日種を蒔いたサンチュとバジル、それとエンツァイが発芽していました。
本葉が出るまではこのまま育て、以後定植します。



それと復活を期待しているミニトマトの方ですが、ほぼ絶望ですね。
どんどん枯れてきています。

仕方ないので、まだ幾分元気がある脇芽を取って、養液につけてみました。
病気でなければ再生してくれるかも知れません。

今日から2日間お休みします。

誠に勝手ながら今日明日と2日間小旅行に行ってきますのでブログの更新をお休みさせていただきますm(__)m
月曜日から再開しますのでよろしくお願いします。

今日は目新しいことがないのでトマトネタ…

最近は養液の枯渇で瀕死の状態になっているトマトを除き安定期に入っているので目新しいことが無くなってきました。
そのトマトですが、塩ビ管の方は持ち直してきています。




ダラッとなっていた葉がピンと張ってきています。
この分ですとこちらは助かりますね。

塩ビ管のトマトは親株の芽欠きをした脇芽を育ててここまでにしました。
現在50個近く実を着けています。

親株と違って支柱や紐で吊すなどという手間はかけずに、ホースのようにクルクルと丸めて、棚の支柱に引っかけています。

問題は親株のミニトマトですね。
でかいだけになかなか回復しません。
実は数百個着いているのであきらめられないです。

大玉の桃太郎、イタリアントマトの方は快調そのもので大きい実を着けまくっています。
今のところ尻割れも起きていません。
難しいといわれた大玉の方が順調とは…(^◇^;)

それと新しい種蒔きが完了しました。
前回種蒔きしたものの倒れたため失敗したリベンジということで、

青シソ、セロリ、バジル、エンツァイ、サンチュを準備
早ければ2・3日中には発芽すると思います。
(但しセロリは相当かかりそうですが)


上は芽出し箱です。
平で置くとスペースをとるので3段重ねしています。
スリットの方は発芽に光が必要なサンチュが入っています。(レタス類は光がいるんです)

夏場の野菜はこれで完了ですね(^o^)

キュウリ定植と片付け&種蒔き



うどんこ病にかかり満足に生長できないキュウリをあきらめ、種から育苗していたのと交換しました。
耐病性が強いタイプなので期待しています。
そろそろ梅雨明けも近そうなので返って良いかも知れませんね。

ついでにベランダの整理をしてかなり空間を空けました。

高層化したサンチュもお役ご免です。
これでナスに日光が充分に当たります。



塩ビパイプの両端にあったピーマンも移動してメロン&スイカがあった場所に定植しました。
これで塩ビパイプとプランターが数本空きましたので、再度サンチュとバジルとシソを種蒔きしました。

ミニトマトピンチか?

毎日収獲できて絶好調だったミニトマトに異変が…
今朝から葉がくたびれたようになっています。
更に似たような症状が隣の黒トマトにもベランダの反対側にある塩ビパイプのトマトにも出ています。

一瞬青枯れ病なのかと疑いましたが、隣の桃太郎は青々と葉を茂らせているのでそうでもなさそうですし、ここを飛び越えて塩ビパイプまで行くのは考えられないしといろいろ悩んだあげく、はっと思い当たりました。

このくたびれているところは私が2日間寝込んだ時に養液が無くなっていた容器だったのです。

トマト類は大量の水分を吸収するので(=180cmの大きさで晴れの日は5リットル以上吸いますよ)、枯渇した影響がもろに出たか、あるいは根腐れのきっかけを与えてしまったか・・・前者だと良いんですが・・・

ちなみにトマトの原種がアンデスの高山地方で雨量が少ないところだし、有名な永田農法では極力水を与えないで育てるのに、矛盾するじゃないかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、原種の時には1株当たりの収量が段違いに少ないですし、またあの方法は少数精鋭に特化していてベランダ菜園など1株あたりの収量を如何に上げるかが主目的の栽培とは対極にあります。
かなり乱暴に言うと「水を少なくして株にストレスを与える+実を減らして栄養素を集中させる=品質の良い実ができる。」という理論なのです。



まあそれはさておき取りあえず対処法としては、50倍に薄めた木酢液に液肥を混ぜて葉面散布をたっぷり行いました。
木酢液で殺菌・消毒できますし、液肥をダイレクトに吸収させて回復を早めます。
しかし1度バランスが崩れるとなかなか立ち直らないのも事実…(T.T)

まあ駄目なら桃太郎とイタリアントマトでカバーして、ゴーヤを思いっきり育てるという方法もありますので悲観はしていません。

それでは本日のトマトの写真をご覧下さい。





<訂正>この記事を書いた時木酢液の希釈を5倍にしていましたが、正しくは50倍の間違いでした。訂正してお詫びいたします。(2008/07/04)

はじめてトウモロコシの花と鈴なりピーマン



今朝気づきましたがトウモロコシが開花しています。
こんな風になるんですね。初めて見ました。

ズームしてみると・・・



何となくトウモロコシの芯のようにも見えるような…

2つのプランターで栽培していましたが、生育の差が歴然とした上に、生長に良い方が場所を取り始めたので、やむなく生長の悪い方は撤去することにしました。
今後は5株体制で進めます。

さて次にピーマンですが、



写真では見にくいですが、5~6個実を着けています。
株の大きさに大して数が多すぎですね(^◇^;)
早めに収獲することにします。


最近の記事

栽培日記 野菜別

月別アーカイブ

プロフィール

こりどら

Author:こりどら
自宅マンションのベランダで水耕栽培による野菜の栽培をしています。

RSSフィード

ブログ内検索

ご来場者数

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。